アスベスト、フロン

アスベスト除去
アスベスト(石綿)とは?

天然の鉱物繊維。熱や摩擦に強く切れにくく、また酸・アルカリにも強く変化しにくいという性質があります。

アスベスト(石綿)はなぜ危険か?

丈夫で変化しにくい為、吸い込んで肺の中に入ると組織に刺さり、15年~40年の潜伏期間を経て、石綿肺、肺がん、悪性中皮腫などの病気を起こす危険性があります。

どこに使用?

昭和30年頃より使われ始め、建物の鉄骨化、高層化に伴って軽量耐火火覆材として昭和40年代の高度成長期に多く使用されました。(主に高温多湿な場所に使用/ボイラー室、屋上ペントハウス等)よって、これに該当する建物を解体する場合は事前に調査されることをお勧めします。

含有率基準の変更について

平成18年9月、労働安全衛生法施行令、石綿障害予防規則などにおいて、アスベスト(石綿)含有製品のアスベスト含有率基準が1%から0.1%に強化されました。

アスベスト(石綿)の措置方法

アスベスト(石綿)の対応策には以下のようなものがあります。
除去...完全撤去
封じ込め...表面固化
囲い込み...天井、壁等非石綿建材で囲う

アスベスト(石綿)の措置には防塵マスクの着用や飛散防止対策が義務づけられています。宗重商店では安全・確実な作業を徹底しています。

フロン回収
冷媒フロン問題

平成14年4月1日からフロン回収破壊法が制定されています。エアコンや冷蔵庫の冷媒材として、これらの中に格納されているフロンガス(CFC、HCFC(オゾン層保護法)・HFC(地球温暖化対策促進法))の排出を抑制しなければなりません。

冷媒フロン回収工程
回収ガスの種類と充てん量を確認します。
フロン類が含まれる空調機、冷蔵庫などの冷媒フロンガスの排出口に、回収ガスと同一種類の規定ボンベのホースをつなげます。
回収装置でフロンガスを吸引し、真空ボンベに充てんします。フロンガスが充てんされたボンベは、冷媒フロン処理業者へ運搬し分解処理されます。
お問い合わせ・お見積りは
Tel.076-266-6000 受付時間 8:00~17:00 メールでのお問い合わせ
株式会社 宗重商店
【本社・石川営業所】 〒920-0342 石川県金沢市畝田西1丁目112番地 Tel.076-266-6000 Fax.076-266-6161 E-mail:info@munejyu.com
【滋賀営業所】 〒526-0803 滋賀県長浜市西上坂町267 Tel.0749-63-8844 Fax.0749-63-8848 E-mail:shiga@munejyu.com
【リサイクルセンター】 〒920-0211 石川県金沢市湊2丁目3 Tel/Fax.076-281-6000 E-mail:recycle@munejyu.com

ページトップボタン